ミニベロ DAHON(ダホン)を釣り仕様で考えてみる part2

精神的にも金銭的にもショックが大きかった前回のpart1だが

やはりどうしても気分が乗り切れず、満遍と動画を見ていた。

かなり昔に兵庫県の野池でフローターでバス釣りをしたもんだが、当時はモロ浮き輪(タイヤ?)みたいなのしか無かった事を考えると、結構ファッショナブルで機能的になってるなあと思ってしまいます。

フローターのパーツの活用で問題の解決の糸口になるか!?

そんな思いで見ること1分40秒・・・「えっ。おおっ。。。なるほど! これいけるかも!」

閃めいた💡

動画で見ていただいてもわかるが、そう!閃めいたのはフローター用のロッドホルダー!

もともと釣りで使うもんだから相応に丈夫だし、問題なし!使うロッドにもサイズが合わないということは無いだろう。

フローターみたいな不安定なところにでもシッカリ固定できれば、振り落とされることはないので自転車でもある程度は安定して移動できるのではないか? 

うーん。どれもシッカリ整合性があるなぁ。今度はいけるかもw

即行動が信条ですが、短期間に2度3度と失敗を繰り返してしまうと精神的にも辛いので、少し慎重にリサーチと検討をしてから具体的に動こうと思います。