結構ええやん!ビオトープのソーラーパネル利用【BigBlue ソーラーチャージャー 28W 】

キャンプやアウトドアだけでなく停電や災害時のときにも役立つことから、モバイルバッテリーや発電機などへの関心が高くなっています。

中でも電池など必要とせず、太陽光だけでスマホやタブレットなどの充電ができるソーラーチャージャーは人気アイテムの一つになっています。

ただ今回はベランダビオトープの電源問題としてのソーラーチャージャーを考えていきたいと思います。(勿論、災害時にも十分活躍できるスペックと思います。)

モバイルソーラーチャージャーとは何ぞや?

日本語直訳で

持ち運びできる太陽光発電・充電器です。

小さいソーラーパネルなら

電卓やラジオ等々にはじまって

最近ならモバイルバッテリーにソーラーパネルがついていたりします。

ですが、実際のところ小さいパネルがついていても、効率よく発電できるものはほとんど有りません。

そのため、太陽光発電を上手に利用するなら、発電に特化したモバイルソーラーチャージャーがおすすめ。

簡単にモバイルソーラーチャージャーについて、メリット、デメリットについて触れておきますと・・・。

■メリット

  • 太陽光発電に特化しているため充電効率が良い。
  • 電気の無い環境でも、太陽光さえあれば発電できる。
  • 災害や停電の場合にも役立つ

■デメリット

  • 夜間、天気の悪い日は使えない

太陽光発電のデメリットは天候に左右されるが

天気さえ良ければ簡単に発電&充電可能ということです。

いろんなタイプの商品が発売されていますが、

特に良かったのがコレ👇 順番に説明していきますね。

早速ポチってしまった。速攻到着!パッケージはちょっと安物臭いけど実力派なんです。

BigBlue 28W ソーラーチャージャー!

ハッキリ言って

この【BigBlue 28W ソーラーチャージャー】一択でしょう!

上を見れば勿論キリがないが、必要十分かつ初めてのソーラーパネルで失敗したく無い人や後悔したくない人にはお勧めです。

コストパフォーマンスもナカナカですw

こんな感じの商品です👇

ソーラーパネルも良く、変換効率も十分です!

基本スペック

  • 折り畳みサイズ:28.2×16×3.4cm
  • 使用サイズ:28.2×83cm
  • 重量:1050g
  • 最大出力:ポート毎に5V / 2.4A、合計最大4.0A
  • 防水規格:IPX4

電流計と自動再充電機能 この2つがが有ると無いとでは大違い!

この2点は特に声を大にして言いたいのです。

電流計が搭載されているので、充電状況が数値化されること。(電流計がついている商品はこのクラスでは殆どありません

これがない場合は、天気が良くても実際にどのくらいの電流で充電されているかはわからず、つないでいる機器(スマホなど)の充電ランプを確認する程度しか方法はありません。

その点、現在の電流値が表示されるので、効率よく発電&充電できているかがひと目でチェックすることができます。

太陽光パネルは設置する場所や向きによって発電量が全く異なります。電流計を見ながらベストな置き方がリアルに調整できるので、発電できる環境なのかの判断を含めて信頼感が違います。

②自動再充電機能

自動再充電機能(オートリセット機能)とは?

雲や影などで一度光をさえぎられて出力が下がっても、再度日光が当たると自動で充電が再開される機能。

この自動で充電が再開されるというのが超ポイントです!

もしこの機能がないと

その都度手動で充電オン(リセット)せねばならず、

煩わしいことこの上ないです。

最悪充電OFFと一回なってしまうと太陽光が当たっていても全く充電されない事態が起こるということです。(これでは全く意味を成しません)

この2点の機能があったから

この【BigBlue 28W ソーラーチャージャー】を購入したと言っても過言ではないです。

防水機能は一応IPX4だけど・・・。

防水規格はIPX4

IPX4はどれくらいの防水性能なのか簡単にいうと、

『いかなる方向からの水の飛沫によっても有害な影響を受けない』程度です。

雨の降り始めで濡れてしまった程度なら全く問題ないというレベルね。豪雨の中で放置に耐え得るものでは無いでしょう。

パネル部分はPETポリマーでラミネート加工されており、USBポートにはゴムカバーがあるのでなるほど防水性能は高そうです。

でもね

充電中はUSBポートがむき出しになるので使用時の防水性能は無いものと考えた方が正解です!

まあその辺はUSBポートを何かで覆う(ビニール等)などユーザーの工夫で雨から守ればよいと思います。

雨天で使用するものでもないですし・・・・。

サイズ感はこんな感じ

折り畳み状態はコンパクトで軽い。小さめのクラッチバッグみたいなイメージかな。

このポケットにはスマホや、モバイルバッテリーを収納できます。

付属品は説明書とカラビナ4つ、USBケーブル。カラビナは吊るしたりするのに使用する。USBケーブルはtype-B(涙)

(他には保証書も勿論付いています)

実際にちょっとテストしてみた。意外に使えるやん!

5月のゴールデンウィーク中の晴れた日に1時間ほどベランダの陽が当たるところにIPhoneSE2世代をソーラー充電テストしてみた。

小一時間で20%が100%の満タンになっていた。

IPhoneSE2世代のバッテリー容量は1821mAhで少ないのだが

ソーラー充電ってパワーが少ないイメージだったので

『意外に使えるやん!』と正直感じました。

普通のUSB充電器と同等かそれ以上の速度で充電できるってことです!

災害時や停電時にはかなり良い買い物かも

この商品を実際に使うまでは

私はソーラー充電は使いにくいというイメージを持っていたのですが、思った以上に進化していて驚きました。

元々は

ベランダビオトープ用にと考えていたわけですが

これ一つあるだけで災害時など電気が使えない状況での安心感が段違いでは無いでしょうか。

ソーラー充電は出力に期待できないイメージがありましたが過去の話で

実力は十分です。

特に12W充電器と同じ速度で充電できるのは非常時にはメリットです。

【BigBlue ソーラーチャージャー 28W 】は一家に一台持っておいても良い商品だと思いました。

ちょっと褒めすぎか(笑)

あとはどうやってベランダビオトープに組み込んでいくか考えよう!

以上