Apple Watchを買うなら【Series 6】と【SE】どっちを選ぶ?

会社の健康診断でも様々な検査項目が引っかかりやすいお年頃w

“要注意“との検査結果も真剣に考えるのは数週間で

「運動せねば!」と始めたジョギングも飽きやすく3日坊主で終わってしまいます。

そんなことを繰り返している内にApple Watchの新作が発売されていることを思い出す。

アップルのCMってスマートでカッコ良いのが多いですね👇

いずれにせよ、スマートウォッチがあればより効果的にトレーニングしたり、食べ過ぎないようにカロリー消費量をモニターしたり、いろいろと役に立ってくれそう。

健康管理という名目はなかなか有効度が高そうですな

最近、嫁が購入するものにチェックが厳しくなっていることもあり
色々と購入理由を説明できる方が後々揉めたりしないので
今回は健康管理名目で購入許可を狙いますw

ということでApple Watchの新作が遅ればせながら気になっているところです

ところが現在(令和3年1月現在)、Series 6、SE、そしてSeries 3の三つ巴状態で、それぞれ価格帯も違えば機能もさまざまです。

どれを買おうか迷ってる方、多いのでは? (私も初購入なので結構悩みました)

しかし、そんな迷いは一切不要!(多分)

この記事が、Apple Watch生活を始める判断の手助けになれば良いと思います。

結論、とりあえずApple Watch SEやなぁ!

いきなり結論ですみません!

個人的にもベストバイはApple Watch SEの一択でした。

実際、ほとんどの人はApple Watch SEで満足するのでは無いでしょうか?(言い切ってしまいました。すみません)

私の別の記事でも書いていると思いますが、

こういった商品を購入するときは費用対効果をどうしても第一に考えてしまう性分の為の結論です。

主な判断理由は以下の通りです。

理由その1 費用対効果抜群!(コスト低めでパフォーマンス高め)

何故SEがいいのか?というと、

ほとんどハイエンドモデルのようなパフォーマンスをハイエンドモデルより一層安い価格で実感できるからです!

SEの機能を簡単に説明するとこんな感じ。。。

Series 5からS5 チップを継承!
Series 6と同じモーションセンサー、常時オンの高度計と、光学心拍数計を搭載しています。
心拍数アプリが異常を検知し転倒検知機能や緊急アラート機能もあり!
ApplePay等の便利機能はそのままに!
GPSとGPS+セルラーモデルも両方ラインナップされています。
(←これは結構悩みました)

お値段は2万9800円(税別)から。。。

ほとんどの人はこれで十分かもしれません。

逆に、心電図アプリや血中酸素モニタリングセンサーのような高度なウェルネス機能はついていません。常時点灯もなし。

そうなんです!


滅茶苦茶簡単に言ってしまうと

高度なウェルネス機能と常時点灯等がどうしても必要な人は余分に1万3000円を出してSeries 6を購入すれば良いということなんです。

カラーは3色のみ。しかし、カスタマイズできる豊富な商品群!

デザイン的には、ほかのApple Watchと近いイメージです。あまり大きく変わっていませんし同じような感じです。

Series5と同じく、40mmか44mmの2サイズです。(個人的には40mmの方がスマートです)

ケースの素材と色のチョイスが少なくなったことが少し残念な点です。

アルミニウム製のシルバー、ゴールドかスペースグレーの三択なので寂しいですが

Apple Watchをカスタムできる商品群は非常に充実しているので、個性を打ち出すことは全く問題ないと思います。

バッテリー寿命は過不足ない感じだが、安心に使うなら毎日チャージが必要

これはアップルウォッチマニアの友人が言ってたのですがSEのバッテリー寿命は以前のApple Watchよりも延びているのではないでしょうか?(私は初購入のため分かりません)

具体的には。。。


睡眠トラッキングを一晩中稼働させると、就寝前に100%だったバッテリーが15%ぐらい消費されます。
野外でGPS機能を使いながら1時間超程度のワークアウト(ランニング)をこなすぐらいなら全く問題ありません。ずっと腕につけっぱなしで過ごした日でも24時間以上充電しないで済んだぐらいです。(公式には18時間みたいです)

ちなみに、一旦MAX充電してからゼロになるまでの最長バッテリー記録は33時間。

2日間充電無しというのは流石に不安ですが、一日の使用であれば全く問題なく使えています。

実際、ゼロになるまで充電を使いきる状態は無く、入浴時や帰宅時にこまめに充電をしていれば良いかと思います。

もちろん例外なく完璧というのは難しいので、
私は保険の意味でモバイルバッテリを出張の時には持っていっています。(コチラの記事でお勧めの充電器を紹介しております。

絶対必要なわけでもないならSEを! 絶対必要な人はSeries 6を!

ちょっと繰り返しになりますが常時点灯の話です。これは人によっては好みがハッキリ分かれてしまうかもしれません。

私の友人がSeries 5を使っていて、よく嬉しそうに話していた機能がこの常時点灯機能でした。
ランニング等のトレーニング中にあとどれぐらいの距離や時間が残っているかをすぐにチェックできるからです。必要な情報を必要な時にサッと見られるのは、何より時計としての基本機能であると。

ただ、私はApple Watchは初購入のなので「常時点灯が便利でええで」と言われても
正直、「?」です。実際に普段使っていて不便さを感じたのはゼロだからです。

SEのリアクションタイムは決して遅くありません。むしろ、メチャ速いです

SEを眠りから揺り起こすのに0.5秒とかかりませんし、必要な時に点灯して他は消灯しているのならバッテリー節約に一役買ってるはずです。

私個人的には、逆にメリットではと感じます。

常時表示電池持ちについてはこの動画が興味深いです👇

Series 6を買うべき人はこんな感じ

お年を召した親などへプレゼントする場合
SEにも転倒検知機能、緊急アラート機能、そして心拍数の異常を検知して知らせてくれる機能は備わっていますが、心電図アプリと血中酸素モニタリングセンサーはついていません。
例えば、私の高齢の親が心臓の持病があったり睡眠時無呼吸症候群を患っているなら、
おそらく親にプレゼントしたいのは、より高度なウェルネス機能が備わっているApple Watch Series 6です。

何がなんでも最新の機能を手に入れたい人ももちろんSeries 6を買うべきでしょう。w

常時点灯の機能が命の人ももちろんSeries 6を買うべきでしょう。w

おっと、すっかり忘れていましたがSeries 3は論外です。
どんなに安くても子供用に購入したりしないでくださいね、こちらファミリー共有設定が搭載されていませんので注意ですし、その他の理由も色々なところで記事になっておりますのでご参考までに(記事① 記事②

セルラーとGPSモデルどちらを選ぶべきか それが問題だ!

Apple Watchの購入を検討するにあたって必ずぶつかるのが「GPS+セルラーモデルGPSモデルどっちを買えばいいの?」問題。
僕の友人もこの件は結構悩んだみたいですし、ネット上でもこれは本当によく見聞きします。

結論を言うと、迷うんならGPSが正解!』と答えておきます。

あまり難しく考える必要は無くて、
個人個人が使用するシュチュエーションや条件から自分にあったものを選んでいけば自然と決まるはずです。

iPhoneがなくても通信できるかどうか

「セルラー」と「GPS」の違いはとてもシンプルで、実は難しいことはありません。
この要点を押さえておけば大丈夫。

それは

iPhoneがなくても単独通信できるかどうかです

① iPhoneがなくても通信できるのは セルラーモデル。

 iPhoneがないと通信できないのは GPSモデル。

この①②を押さえて考えれば大丈夫でしょう!

ちなみに、どちらもiPhoneとのペアリングは必要です。
ペアリングしている場合はセルラーモデルもGPSモデルも同等です。(←ここ重要です

つまり、GPSモデルだとiPhoneが必要になることでも、セルラーモデルは単体で行えるということです。

逆に言うと、GPSモデルでもiPhoneが近くにあれば、セルラーモデルと同じことができます。

私の場合は何が必要か?

こればっかりは人それぞれなのですが、私の場合で考えてみます。

まず大雑把ですが
iPhoneがなくてもできること👇

ワークアウトの記録
Apple Payでの買い物(IDQUICPayも)
SuicaPasmoで改札を通る
SuicaPasmoへのチャージ×
あらかじめ同期した音楽を再生
ストリーミング音楽再生×
電話やメッセージ×
天気の確認

結構いろいろできると思いませんか? 


ランニング等のワークアウトの記録、ランニング途中でのドリンク等の購入に電子決済、あらかじめ同期しておけば音楽だってWatch単体で聴くことができます。(ペアリングしていれば勿論全てできます。)

私の場合は普段はiPhoneを肌身離さず携帯しているので、ランニング等の運動時にこれだけ単体でできることあれば十分です。
ランニングしている時ぐらい電話やメールのチェックなんかはせずに集中したいですからw

逆にランニングしている時でも上記の事は全てしたい人はセルラーモデルが選択肢ですねw

このようにiPhoneなしGPSモデル単体でも結構いろいろできるので、使い方がこの範囲におさまるならGPSモデルで十分という訳です。

災害時や緊急時に備えたいかどうかだが・・・

次にセルラーモデルの強みでもある「もしもの時」についてですが、

これは文句なしにセルラーモデル一択です。

何度も言いますが
GPSモデルが通信を行うためにはiPhoneが必要です。
しかし、iPhoneにバッテリーがなければ、それはiPhoneがないのと一緒なのでApple Watchは通信できません。

ところが、単独通信可能なセルラーモデルは、iPhoneのバッテリー有無問わず通信も通話も可能です。

これは災害時や緊急時に強い。

災害時や緊急時など、iPhoneが使えなくてもApple Watchが生きていれば何らかの対応ができるかもしれない。

海外ではApple Watchによって危機を脱した事例も出てきているようです。(→詳しくはコチラ

ということで、「何かの場合に備えておきたい」という意味でセルラーを検討するのはアリかもしれない。

し・か・し !

Apple Watchはセルラー通信状態のみで稼働するとそんなにバッテリー持ちません。(ネタみたいでスミマセンw)

いつ何時に起こるか分からない災害時や緊急時に備えるという意味では、もっと長時間のバッテリーが搭載が必要と思います。

そうなれば、選択肢に入ってくるかと思いますが・・・。私には必要ないかなぁ。

やっぱりベストバイは【Apple Watch SE】!

Series 6のほうがSEよりもスペックが優れていることは確かです。

例えば、動作速度の比較ですがこの程度の差です。👇

でも、差額の1万3000円の分だけ優れているの? と考えると、どちらを買うべきかは使い方によりけりだと思います。

この動画は結構分かり易く説明していると思いますので参考まで👇

私のApple Watchの使い方は

運動量をフィットネスアプリで管理して、Siriでタイマーやスケジュールの登録等に使って、電話やLINEの通知らせてもらうぐらいしかApple Watchを使ってないんですよ。

後、趣味のロンスケ釣りミニベロにも使えそうですね。

最近は「AutoSleep」というアプリに超ハマっていますが・・・。


もしも
あなたも似たような使い方を想定しているなら
間違いなく【SE】で充分に幸せになれますw

という訳で私はApple Watch SE (GPSモデル)40mmiPhone SEを購入しました。

結局、両方ともSEにした訳です!

Apple Watch SE (GPSモデル)40mm 👇

Apple Watch SE (GPSモデル)44mm 👇

一応、Series6 と Series3も載せておきます。w

それでは 有意義なAppleWatchライフをお過ごし下さい。

※追伸 
Apple Watchの保護は画面のフィルムだけでは不十分で本体にも意外に細かい傷がついてしまいます。こんな商品が使いやすくお勧めです!

BARIOUS BARIGUARD3 for AppleWatch】(詳しい記事はこちらで)

以上