おっさんスケボー <怪我と防ぎ方> 何故にロンスケか?

スケボーをやっていたら、必ずと言っていいほど怪我はつきものです。

どれだけ防ごうとしても、練習中で慣れない動きや新しい技に挑戦した時に失敗をして怪我をすることが良くあります。

「スケボーと怪我」は切っても切れない関係です。

中には「怪我しながらレベルが上達して行くものだ!」と言うベテランの方をいらっしゃいましたw(←これはできる人が取り敢えず言う言葉ですね)

 そりゃそうです。基本的には不安定な板の上で危ないことをやっているのですから(笑)。

でも、やり始めの初心者が練習中に痛い目をして怪我をしたなら、

「痛っーーー! こんなに痛い目見るなら辞めとこ!」と心折れる初心者もいるかと思います。

こんなに怪我をする遊びは他にあまり存在しないのではないでしょうか?

確かにYouTubeの動画等を見ていると カーブやレールでトリックを使ったり、できるだけ高いところから飛び降りたり、超高速でダウンヒルを行ったりして、どれも かっこいい! です。

スケーターは常に、昨日より今日、今日より明日、というようにレベルアップを常に目指す人種ですからねぇ・・・。

怪我をしないということはほぼ不可能でしょう(笑)👇

スケボーが原因で起こる怪我の中には
骨折、打撲、頭部強打、最悪の場合は死亡事故も報告されています。
しかし、その原因のほとんどは車との接触事故や、高速で坂道を下るダウンヒルという無茶で危険な滑りをしている最中に起こったものです

し・か・し!

おっさんスケボーには絶対に大きな怪我はダメです。

痛いのが嫌と言うのが本音ですが、

怪我をして仕事に支障がでたり、家族を十分に守れなくなる確率が高くなるのは勿論の事、「いい歳して・・・」と言われるのがオチです。

そう言う訳で私は、ダウンヒルや高度なトリック等は選択肢から完全に外しております。

優雅なロンスケ(ダウンヒルは除く)でダイエットを兼ねたスケボーライフを目指そうと思います。(詳しくはこちらの記事で)

怪我の頻度に注目する。

純粋にトリック技に失敗して死亡するといったことはほぼありませんし、気をつけていれば大きな怪我をすることも殆ど皆無と言って良いでしょう。

優雅なロンスケでスケボーライフを目指そうと思います。』と考えたものの

いくら注意しておいても程度の軽い怪我は充分に起こり得る事です。

では
スケーターが気を付けていても起こる可能性が高い部分や最も怪我をしやすい部分はどこでしょうか?

転んだ時、頭を強く打つと危険なのでヘルメットの着用は良く言われる事ですが、意外に怪我の頻度は低いのは注目です。

し・か・し

頻度★に関しては

手の甲・指と脛、そして肘です!!

もう少しわかりやすく言うと

気を付けていても起こる可能性が最も高い2つの怪我は

①手足の肘、手のひらなどの打撲、擦り傷
②脛への打撲、足首の捻挫

日常の練習等で1番気にしなければいけない事はこの2点です!!

私も最初に購入したのはヘルメットのみで、他の箇所は意外に軽視しており、なんとかなると鷹を括っていました。

最初に怪我したのは手のひらです(汗・・・)

プロテクターは便利

怪我し易いところに、プロテクターを装備する。

コレが結局、一番有効ですなぁ。

あまりやり過ぎると、アメリカンフットボールの選手見たいになるかもしれないので注意ですが

私の場合は手のひら周りをガードできるリストガードがあれば大丈夫そうです。

☝️この油断がマズイかもしてませんが、あまり色々とゴチャゴチャすると逆に優雅さが無くなるので考えものです。

ロンスケではなく普通のスケボーでトリック重視でされるならば、私は完全防備で臨むとは思います。

種類がメチャ多くて悩んでしまう

スケートへの取り組み具合と価格に応じてお勧めは変わるのですが

無難なのはINDUSTRIALトリプルエイトあたりで
品質と値段のバランスが秀逸です!

プロを目指して高いバーチカル(ハーフパイプ)とかやるならクッション性がある187KILLER PADがお勧め。

トリプルエイトがおすすめ

いろんなタイプが売られてはいるが

特におすすめなのが トリプルエイト です

私は勉強不足で知りませんでしたがアメリカではスタンダードなブランドです。

ネットでの評価も非情に良く、
品質と値段のバランスも良いので安心感は高いです。 

サイズ感だけはジャストサイズを確認してご購入ください。

Triple Eight(トリプルエイト) プロテクター Saver Series 3-Pack(肘・膝・手首3点セット)

Triple8(トリプルエイト)Protector Helmet Pile black/red

187(ワンエイトセブン)Protector Wrist Guard black

リストガード単体では、迷っていたのはコレ👇

しかし

こちらを買ってしまいましたw

トリプルエイトをオススメしていたのですが

ブランドのマークがこちらの方が地味かなと感じたのが最終的な理由です。

サイズ的にはLサイズ寄りだったのですが、ギリギリLサイズの範囲だった為、敢えて今回はMサイズを購入してみましたが、コレが大正解!!

ご覧の通りジャストサイズです。

以前からこういった通販で商品を買う場合は多いのですが、

サイズ感は微妙な場合はワンサイズ小さめの方が正解の方が多いと感じます。(自己責任でお願い致しますが)

この商品の場合は、調整できる部分が大きかったのもラッキーだったのかもしれません。

PROTEC プロテック スケートボード プロテクター

それと私が購入したヘルメットと同じブランドのこのリストガード👇

評価のないものや少ないものを敢えて買う必要は無いかと思います。

一応、下手すると命に関わる事故につながるかもしれませんので、

そこそこのモノの方が安心安全だと思います。

CRZKO 子供用保護ギア 膝パッドと肘パッド 6点1セット 

ただ、お子様に関してはあまり高価なものもどうかと思います。

体の柔軟性や反射神経もオッサンよりは遥かに良好だろうし、体重も軽い!

ヘルメットも専用のものではなく自転車用を使われている方も多いとか

コレ👇なんかでお子様用は充分ではないでしょうか?

足首と脛(スネ)への攻撃も地味に防御する必要あり!

足首の捻挫・・・。

下手にやってしまうと、普通に歩けるように治るまで時間がかかってしまうので舐めてはいけません。

トリックの着地に失敗して両足捻挫で長期間にわたり歩行不能になってしまったと言う笑えない話もあります。

それと脛に回転したボードが直撃する・・・。

最近、練習中に一回だけ当たりましたが

想像しただけで痛いです(笑)。

ボードじゃ無くても当たればメチャ痛いのは想像し易いのではないでしょうか?

足首のプロテクター

足首や脛部分のプロテクターって

なかなかインターネットでも良さそうなものがヒットしないので色々と調べてみるとコレにヒット👇

サッカー用?みたいな感じの説明ですが、ロンスケ用に何とか使えそうな感じがしませんか??

先ほどポチりと購入しました。追って、着用感や使用感を追ってレビューしたいと思います。

本日、到着しましたので画像アップしました。(Amazonってすごい!便利な世の中になりました!翌日に配達されました)

コロナ禍で家に居る時間が多くなった時にAmazonプライム・ビデオを見るためにAmazonプライム会員になりましたが、プライム会員になるとAmazonで購入した商品が最速で配達することが可能になります!

Amazon prime 申し込みはコチラ Amazon プライム・ビデオ登録はコチラ

脛ガード(シンガード)

脛ガードではコレなんかいい感じ👇

これもサッカー用みたいですが・・・。 コレも先ほどポチりました(笑)。

サイズは素直に身長は175センチですのでLサイズにしました。

売っているサイトや店によってはかなりの高額で販売している所があるので注意して下さい。今回はAmazonさんで購入します。

脛に装着しても嵩張らない感じでスマートだし、チノパンを履いても目立たなくていい感じと思いました。

いかにもプロテクター着けていますって言うのは、あまりスマートでは無いと思っている今日この頃です。

サッカー用のプロテクターって結構狙い目かもw

こう言ったものは近所に扱っているお店が有れば、現物を見て購入できるのですが意外と無いですw。

高額になればなる程に勇気が入りますねw。

こちらの商品も到着しましたので画像アップしました。

早速、装着してみた。

おおお

おおおおお!予想通りスマートな感じ!上からチノパンとかと合わしても違和感ないでしょう。

最後に 事故無く安全に!

怪我やプロテクターの話ばかりすると
スケボーはやはり危険なスポーツだと感じるかもしれませんが、
足首の捻挫等の主な原因は
準備体操やウォームアップなしの無理な滑りや
自分のスキル以上のことを軽い気持ちで挑戦したりすることで起こります。

事前の準備や注意で怪我や事故の確率を限りなくゼロまで減らすことは十分可能です。

安全で優雅なスケボーライフを目指しましょう!

以上